日本安全食料料理協会

食べることは生きていくことであり、楽しみでもあります。そして安全であることが最も大切なこと。あなたも必要とされる「食のエキスパート」になってみませんか?日本安全食料料理協会には食のエキスパートになれる資格がたくさんあります。

パン屋さんの1日の流れ《手作りパンソムリエ資格の口コミ》

f:id:nihonanzen:20211211164814j:plain

女の子のあこがれの職業に、今もパン屋さんは上位にランクインしています。パン作りが大好き!という人なら、今もパン屋さんを始めてみたいと考えている人もいるでしょう。

ここではそんなパン屋さんの一般的な1日の流れをご紹介します。

1.午前4~5時ごろ 仕込みを始める

パン屋さんは通常の開店準備に加えて、パンの焼き上げに時間がかかるため、早朝に起床、出勤します。

パンの生地は繊細で、季節や天候によって状態が変わってしまいます。そのためまず前日の生地をチェックしてから窯に入れます。

2.午前6時ごろ 焼き上げ

一般的なパン屋さんでは、午前6時ごろに最初のパンが焼きあがります。そこから焼きあがったパンを少し休ませ、次の準備に取り掛かります。

その際には平日か休日か、それによる客層に合わせ、仕込みの量や度合い、種類を考えます。

3.午前8時ごろ 開店

朝食のパンを買い求めるお客さんが多い店では、午前8時ごろに開店するところも少なくありません。

朝食用のパンを中心に焼きあがったパンをディスプレイしていきます。

4.何度も仕込み→焼き上げの繰り返し

その後はパンを仕込み、焼き上げることを繰り返します。焼きたてのパンを提供するため、売れ行きを見ながら焼いていきます。

加えて総菜パンや菓子パンを扱う場合、その具材などの準備も必要です。

5.翌日の準備・閉店

朝が早く体力を使うパン屋さんは、午前10時ごろには最初の休憩に入ります。

そして夕方を過ぎると翌日の準備に入り、閉店後はレジ閉め、材料のチェック、発注を行います。

《手作りパンソムリエ資格の口コミ》

手作りパンソムリエは、パンの作り方やパン作りに必要な道具などに関するあらゆる知識を持っていることが証明される資格です。

 

ここでこの資格を持つ人たちの口コミをご紹介しますね。

・市販のパンと違い、材料を自分で選べるので安心して食べられます。

・食べるのはもちろん楽しみですが、作っている最中も集中できストレス発散になります。

・焼き立てパンを自宅で食べられるのがうれしいですね。

 

www.asc-jp.com

nihonanzen.hatenablog.com

nihonanzen.hatenablog.com

nihonanzen.hatenablog.com